Vine用のDRBDをインストール

2006/08/17

「VineでDRBDを使ってクラスタリング」の目次へ戻る

ここでは、私が作ったSPECを利用して、Vine用DRBDのrpmをご自身で作成していただき、インストールするまでを書きます。


前準備

Vine標準パッケージの中にはextrasパッケージが含まれますので、 /etc/apt/sources.list を編集して「extras」を追加してください。


DRBDのrpmを作成

  1. 一般ユーザーでログインしておきます。
  2. DRBDのリビルドに必要となるパッケージをインストールします。
    $ su
    # apt-get update
    # apt-get install bison flex kernel-source kernel-headers
    # exit
  3. 以下の作業ではカーネルを最新版にバージョンアップしておく必要があります。最新版になっていないなら、ここで最新版にして、再起動しておいてください。
  4. drbd.specを~/rpm/SPECSにダウンロードします。
    $ cd ~/rpm/SPECS
    $ wget http://tsuttayo.sytes.net/apt/specs/drbd.spec
  5. DRBDのソースをdrbdからダウンロードして、 /home/USERNAME/rpm/SOURCES に保存します。
    なお、Vine3.2のようにカーネル2.4ではDRBDのバージョン7しか使えないようです。カーネル2.6ではDRBD8になるようです。
  6. DRBDのリビルドを行うにはカーネルのmakeが必要のようです。次のようにしてカーネルのmakeをしておきます。
    $ su
    # cd /usr/src/linux
    # make mrproper
    # ls configs
    ここで、自分の環境にあったconfigファイルを見つけます。この例ではkernel-2.4.31-i686.configをコピーしていますが、これは各自の環境に合わせてくださいな。
    # cp configs/kernel-2.4.31-i686.config .config
    # make -s oldconfig_nonint ; make -s oldconfig_nonint
    # make dep
    # make
    # exit
  7. DRBDのrpmを生成します。
    $ cd ~/rpm/SPECS
    $ rpmbuild -ba drbd.spec

DRBDのインストール

  1. 出来上がったDRBDのrpmパッケージをインストールします。
    マスター・サーバ、スタンバイ・サーバともにインストールすることになるかと思います。
    $ cd ~/rpm/RPMS/i386
    $ su
    # rpm -Uvh drbd*
  2. DRBD7に付属するinitスクリプトではdrbd.oをロードしてくれないのでスクリプトを変更しておきます。
    # emacs /etc/init.d/drbd
         ・
         ・
    function assure_module_is_loaded
    {
    # 次の1行を追加します。
       [ ! -e "$PROC_DRBD" ] && insmod drbd
     
       [ -e "$PROC_DRBD" ] && return
         ・
         ・
    # exit
Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org