Vine4のrescueモードを利用

2006/10/12

何らかの理由で、Vine Linux 4が起動しなくなったときなど、インストールCDが手元にあれば rescueモードを使って設定ファイルの変更、GRUBの再インストールなどができるようです。

  1. インストールCDを挿入し、PCの電源を入れてCDからブートします。
  2. 起動画面で「linux rescue」と入力します。
  3. 「Choose a Language」の画面で「English」を選択しましょう。日本語を選択すると文字化けすることがあるようです。
  4. 「Keyboard Type」で「jp106」を選択します。
  5. 「Setup Networking」では、ネットワークを使うなら「Yes」を、必要ないなら「No」を選択します。
    ここでは、ネットワーク利用をしないので「No」を選択したこととして、以下は書きますが、ネットワーク利用を「Yes」に指定したらネットワーク設定の画面が表示されます。
  6. 「Rescue」でレスキューモードの選択をします。Continueでいいかと思います。
    /mnt/sysimageに、「/ (ルート)」ファイルシステムがあります。
  7. これでシェルにぬけるので/ (root) の物理エリアを変更します。
    # chroot /mnt/sysimage
    この後は、設定ファイルの変更などができます。
    作業が終了したら「exit」でchrootから戻ってください。
Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org