Vine3.1へWebminをインストール

2005/02/02

Vine3.xからWebminはVinePlusにも含まれなくなりました。今後、gnome設定ツールが標準ツールに変わっていくことでしょう。

しかし、「Webminを今後も使いたい」という方もいるでしょうし、amavisd-newを利用する場合は便利だということで私もインストールしてみましたので、そのときのメモです。

  1. Wwebminをhttpsで接続できるように、perl-Net_SSLeayをインストールしておきます。
    $ su -
    # apt-get update
    # apt-get install perl-Net_SSLeay
  2. Webmin本家の「Downloading and Installing」からwebmin-1.180.tar.gzをダウンロードします。
  3. Webminを解凍します。
    # tar zxvf webmin-1.180.tar.gz
  4. 解凍してできたディレクトリをインストール先に移動します。ここでは/usr/libexec/webminにインストールすることとして書きます。
    # mv webmin-1.180 /usr/libexec/webmin
  5. Webminをインストールします。
    # cd /usr/libexec/webmin
    # ./setup.sh

    設定ファイルの保存ディレクトリを指定。そのままEnterしました。
    Config file directory [/etc/webmin]:

    ログ・ディレクトリを指定。面倒なのでこちらも初期値のままです。
    Log file directory [/var/webmin]:

    perlのインストール・ディレクトリを指定。そのままEnterしました。
    Full path to perl (default /usr/bin/perl):

    ---------------------------------------------------------------------------
    1) Sun Solaris			  2) Caldera OpenLinux eS	3) Caldera OpenLinux
    4) Redhat Linux 		  5) Slackware Linux		6) Debian Linux
    7) SuSE Linux			  8) United Linux			9) Corel Linux
    10) TurboLinux			  11) Cobalt Linux			12) Mandrake Linux
    13) Mandrake Linux Corpo  14) Delix DLD Linux		15) Conectiva Linux
    16) ThizLinux Desktop	  17) ThizServer			18) MSC Linux
    19) MkLinux 			  20) LinuxPPC				21) XLinux
    22) LinuxPL 			  23) Trustix				24) Trustix SE
    25) Cendio LBS Linux	  26) Ute Linux 			27) Lanthan Linux
    28) Yellow Dog Linux	  29) Corvus Latinux		30) Immunix Linux
    31) Gentoo Linux		  32) Lycoris Desktop/LX	33) Secure Linux
    34) OpenNA Linux		  35) White Dwarf Linux 	36) SoL Linux
    37) Coherent Technology   38) Playstation Linux 	39) TinySofa Linux
    40) StartCom Linux		  41) Generic Linux 		42) FreeBSD
    43) OpenBSD 			  44) NetBSD				45) BSDI
    46) DragonFly BSD		  47) HP/UX 				48) SGI Irix
    49) DEC/Compaq OSF/1	  50) IBM AIX				51) SCO UnixWare
    52) SCO OpenServer		  53) Mac OS X / OS X Serv	54) Darwin
    55) OpenDarwin			  56) Cygwin				57) Sun Java Desktop Sys
    ---------------------------------------------------------------------------
    VineLinuxは上記選択にないのでRedhatを選択してみました。
    Operating system: 4

    Please choose which version of Redhat Linux you are running, by entering
    the number next to it from the list below
    ---------------------------------------------------------------------------
      1) Redhat Linux 4.0					  2) Redhat Linux 4.1
      3) Redhat Linux 4.2					  4) Redhat Linux 5.0
      5) Redhat Linux 5.1					  6) Redhat Linux 5.2
      7) Redhat Linux 6.0					  8) Redhat Linux 6.1
      9) Redhat Linux 6.2					 10) Redhat Linux 7.0
     11) Redhat Linux 7.1					 12) Redhat Linux 7.2
     13) Redhat Linux 7.3					 14) Redhat Linux 8.0
     15) Redhat Linux 9.0					 16) Redhat Linux Fedora 1
     17) Redhat Linux Fedora 2				 18) Redhat Linux Fedora 3
     19) Redhat Linux 2.1AS 				 20) Redhat Linux 2.1ES
     21) Redhat Linux 2.1WS 				 22) Redhat Linux 3.0AS
     23) Redhat Linux 3.0ES 				 24) Redhat Linux 3.0WS
     25) Redhat Linux Desktop 3
    ---------------------------------------------------------------------------
    どれでもいいんでしょうけど、問題がなさそうなRedhat7.3を選択しました。
    Version: 13

    ポートはデフォルトのまま10000で使うので、そのままEnterしました。
    Web server port (default 10000):

    ログイン名を指定します。Vine2.xのWebminではrootだったので、ここではrootにしてみました。
    Login name (default admin): root

    ログイン・パスワードの指定をします。2回入力してください。
    Login password:
    Password again:

    SSLを利用するかを指定します。利用するので「y」としました。
    Use SSL (y/n): y

    ブート時にWebminサービスを起動するかを指定。
    Start Webmin at boot time (y/n): y

これでインストールは完了です。 https://SERVER_NAME:10000 でアクセスするとWebminの画面が表示されます。


言語の設定

初期値では英語になっているので、日本語に設定してみます。

  1. 言語とテーマの変更アイコンをクリックします。
  2. 以下のように、日本語へ設定を変えます。
    言語とテーマの変更

Userminのインストール

私は一度も使ったことがなかったのですが、試しにUserminをインストールしてみました。

  1. Webmin本家Userminアイコンをクリックして、「Downloading and Installing Usermin」からusermin-1.110.tar.gzをダウンロードします。
  2. Webminを解凍します。
    # tar zxvf usermin-1.110.tar.gz
  3. 解凍してできたディレクトリをインストール先に移動します。ここでは/usr/libexec/userminにインストールすることとして書きます。
    # mv usermin-1.110 /usr/libexec/usermin
  4. Userminをインストールします。
    # cd /usr/libexec/usermin
    # ./setup.sh

    設定ファイルの保存ディレクトリを指定。そのままEnterしました。
    Config file directory [/etc/usermin]:

    ログ・ディレクトリを指定。面倒なのでこちらも初期値のままです。
    Log file directory [/var/webmin]:

    perlのインストール・ディレクトリを指定。そのままEnterしました。
    Full path to perl (default /usr/bin/perl):

    ---------------------------------------------------------------------------
    1) Sun Solaris			  2) Caldera OpenLinux eS	3) Caldera OpenLinux
    4) Redhat Linux 		  5) Slackware Linux		6) Debian Linux
    7) SuSE Linux			  8) United Linux			9) Corel Linux
    10) TurboLinux			  11) Cobalt Linux			12) Mandrake Linux
    13) Mandrake Linux Corpo  14) Delix DLD Linux		15) Conectiva Linux
    16) ThizLinux Desktop	  17) ThizServer			18) MSC Linux
    19) MkLinux 			  20) LinuxPPC				21) XLinux
    22) LinuxPL 			  23) Trustix				24) Trustix SE
    25) Cendio LBS Linux	  26) Ute Linux 			27) Lanthan Linux
    28) Yellow Dog Linux	  29) Corvus Latinux		30) Immunix Linux
    31) Gentoo Linux		  32) Lycoris Desktop/LX	33) Secure Linux
    34) OpenNA Linux		  35) White Dwarf Linux 	36) SoL Linux
    37) Coherent Technology   38) Playstation Linux 	39) TinySofa Linux
    40) StartCom Linux		  41) Generic Linux 		42) FreeBSD
    43) OpenBSD 			  44) NetBSD				45) BSDI
    46) DragonFly BSD		  47) HP/UX 				48) SGI Irix
    49) DEC/Compaq OSF/1	  50) IBM AIX				51) SCO UnixWare
    52) SCO OpenServer		  53) Mac OS X / OS X Serv	54) Darwin
    55) OpenDarwin			  56) Cygwin				57) Sun Java Desktop Sys
    ---------------------------------------------------------------------------
    VineLinuxは上記選択にないのでRedhatを選択してみました。
    Operating system: 4

    Please choose which version of Redhat Linux you are running, by entering
    the number next to it from the list below
    ---------------------------------------------------------------------------
      1) Redhat Linux 4.0					  2) Redhat Linux 4.1
      3) Redhat Linux 4.2					  4) Redhat Linux 5.0
      5) Redhat Linux 5.1					  6) Redhat Linux 5.2
      7) Redhat Linux 6.0					  8) Redhat Linux 6.1
      9) Redhat Linux 6.2					 10) Redhat Linux 7.0
     11) Redhat Linux 7.1					 12) Redhat Linux 7.2
     13) Redhat Linux 7.3					 14) Redhat Linux 8.0
     15) Redhat Linux 9.0					 16) Redhat Linux Fedora 1
     17) Redhat Linux Fedora 2				 18) Redhat Linux Fedora 3
     19) Redhat Linux 2.1AS 				 20) Redhat Linux 2.1ES
     21) Redhat Linux 2.1WS 				 22) Redhat Linux 3.0AS
     23) Redhat Linux 3.0ES 				 24) Redhat Linux 3.0WS
     25) Redhat Linux Desktop 3
    ---------------------------------------------------------------------------
    どれでもいいんでしょうけど、問題がなさそうなRedhat7.3を選択しました。
    Version: 13

    ポートはデフォルトのまま20000で使うので、そのままEnterしました。
    Web server port (default 20000):

    SSLを利用するかを指定します。利用するので「y」としました。
    Use SSL (y/n): y

これでインストールは完了です。 https://SERVER_NAME:20000 でアクセスするとUserminの画面が表示されます。

Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org