VineLinux3.2へ「La! cooda Wiz」をインストール

2005/11/08

「La! cooda Wiz」に必要なパッケージのインストール

  1. Vine3.2のパッケージをインストールします。なお、ここではPHP4用に書いています。PHP5で利用する場合はPHP5のパッケージをインストールしてください。
    $ su
    # apt-get update
    # apt-get install postgresql postgresql-libs postgresql-server
    # apt-get install php-apache php php-pear php-pgsql
  2. サーバ起動時にPostgreSQLを自動起動するようにしておきます。
    # /sbin/chkconfig postgresql on
  3. PostgreSQLサーバを起動します。
    # /etc/init.d/postgresql start

PostgreSQLの設定

  1. PostgreSQLの初期ユーザー「postgres」にパスワードを設定します。
    # psql template1 postgres
    template1=# alter user postgres password '設定する管理者パスワード';
    template1=# \q
  2. postgresql.confを編集します。
    # emacs /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
    #silent_mode = false
    ↓コメントをはずしてonにする
    silent_mode = on
     
    #tcpip_socket = false
    ↓コメントをはずしてonにする
    tcpip_socket = on
  3. pg_hba.confを編集します。以下以外にも初期値で書かれていますが、先頭に「#」を付けてコメントにしておいてください。
    # emacs /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
    # localからのUnixソケット接続で、md5パスワード有効にする
    local	all 		all 											md5
    # TCP/IP接続時、md5パスワード有効にする
    host	all 		all 		 192.168.0.0	   255.255.0.0		md5
    host	all 		all 		 127.0.0.1		   255.255.255.255	md5

    なお、ここから先の設定で、パスワード設定ミスをしてPostgreSQLにログインできなくなってしまったら /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf を次のようにして最初から設定をし直します。
    local	all 		all 											trust

  4. PostgreSQLサーバを再起動する。
    # service postgresql restart

「La! cooda Wiz」のインストール

  1. 「La! cooda Wiz」をダウンロードします。無償配布ですがユーザー登録は必要ですので、ブラウザを使ってWebグループウェア La! cooda WIZでユーザー登録してダウンロードします。
  2. ダウンロードしたら、そのファイルを/usr/local/srcへ移動します。
    # mv wiz_linux_*.tar.gz /usr/local/src
  3. 解凍します。
    # cd /usr/local/src
    # tar zxvf wiz_linux_*.tar.gz
    # chown -R postgres wiz
  4. データベース生成のスクリプトを実行します。
    # su - postgres
    $ cd /usr/local/src/wiz
    $ ./postgres.sh
    Name your database.(default:masters) -> ここでEnter
    Name database username.(default:nobody) -> wiz
    パスワード:PostgreSQLの管理者パスワード (このパスワードは3回聞かれる。すべてpostgresのパスワードを入力)
    $ exit
  5. 「La! cooda Wiz」のインストール・スクリプトを実行します。

    # cd /usr/local/src/wiz
    # ./root.sh

    Where is DocumentRoot of Apache? -> /home/httpd/html
    OK.

    (サーバー名を入力します)
    What is your server name?(default:localhost) ->tsuttayo.sytes.net

    Name httpd username.(default:nobody) -> apache
    OK.
    Name database username.(default:nobody) -> wiz
  6. PostgreSQLのwizユーザーのパスワードを設定します。
    # psql masters postgres
    masters=# alter user wiz password 'データベース・ユーザー「wiz」のパスワード';
    masters=# \q
  7. インストールされたgw.phpを変更します。
    エディタでインストールされたディレクトリにあるgw.phpを開いて(この例では /home/httpd/html/wiz/gw.php )、以下の部分を変更します。
    $db_password = "PostgreSQLのwizユーザーのパスワード";
    $hostname = "http://サーバ名/wiz/";
  8. Apacheの設定を変更します。
    /etc/httpd/conf/httpd.confをエディタで開いて、「La! cooda Wiz」をインストールしたディレクトリのAllowOverride「None」から「Options」へ変更します。
    <Directory /home/httpd/html>
    
    #
    # This may also be "None", "All", or any combination of "Indexes",
    # "Includes", "FollowSymLinks", "ExecCGI", or "MultiViews".
    #
    # Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
    # doesn't give it to you.
    #
    	Options Indexes Includes FollowSymLinks MultiViews
    
    #
    # This controls which options the .htaccess files in directories can
    # override. Can also be "All", or any combination of "Options", "FileInfo",
    # "AuthConfig", and "Limit"
    #
    	AllowOverride Options
    

    Apacheの設定を変更したらApacheを再起動してください。
    # /etc/init.d/httpd restart

  9. PHPの設定をします。ここでは.htaccessを使って設定しておきます。「La! cooda Wiz」をインストールしたディレクトリにエディタを使って.htaccessというファイル名で保存してください。
    この例では /home/httpd/html/wiz/.htaccessを新規作成することになります。
    .htaccessの内容は以下です。
    php_flag magic_quotes_gpc off
    php_flag register_globals on
    php_flag output_buffering on
    php_value output_handler "mb_output_handler"
    php_value default_charset "Shift_JIS"
    php_value mbstring.language Japanese
    php_value mbstring.detect_order "auto"
    php_value mbstring.internal_encoding "EUC-JP"
    php_value mbstring.http_input "auto"
    php_value mbstring.http_output "SJIS"
    php_value mbstring.substitute_character none
    php_value mbstring.encoding_translation On
    php_value session.use_trans_sid 1

これでインストールはすべて完了です。

インストールしたディレクトリをブラウザで開いてください。
パスワードを聞かれるのでユーザー名「admin」、パスワード「wiz=0yen」でログインしてください。

PHPのページへ戻る

Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org