演算子

PHPの演算子はCの演算子と非常によく似ています。

詳しくは「日本PHPユーザー会」のオンライン・ドキュメントを参照してほしいのですが、ここでは特によく使う演算子のみ、紹介します。

演算子 演算子の意味
四則演算子

「+」「-」「*」「/」「%」です。

「%」は割り算のあまりを計算します。
「$a = 10 % 3」を実行すると$aには「1」が代入されます。

文字列連結演算子

「.」(ドット)です。

$a = '123' . 'ABC';
この時、$a は「123ABC」が代入されます。

代入演算子

「=」「+=」「-=」「*=」「/=」「.=」があります。

「=」は右辺の演算結果を左辺の変数に代入します。

「+=」は右辺の演算結果を左辺の変数に加算します。
「$a += $b」は「$a = $a + $b」と同じ意味です。

「-=」は右辺の演算結果を左辺の変数から減算します。
「$a -= $b」は「$a = $a - $b」と同じ意味です。

「*=」は右辺の演算結果を左辺の変数と乗算します。
「$a *= $b」は「$a = $a * $b」と同じ意味です。

「/=」は右辺の演算結果を左辺の変数に除算します。
「$a /= $b」は「$a = $a / $b」と同じ意味です。

加算子・減算子

「$a++」は、その式を評価した後に、$aが1だけ加算されます。
「$b = $a++;」、これは「$b = $a; $a = $a + 1;」と同じです。

「$a--」は、その式を評価した後に、$aが1だけ減算されます。
「$b = $a--;」、これは「$b = $a; $a = $a - 1;」と同じです。

「++$a」は、その式を評価する前に、$aが1だけ加算されます。
「$b = ++$a;」、これは「$a = $a + 1; $b = $a;」と同じです。

「$a--」は、その式を評価する前に、$aが1だけ減算されます。
「$b = --$a;」、これは「$a = $a - 1; $b = $a;」と同じです。

比較演算子

if文やループ制御文で使用します。
== 等しい
> 大きい
< 小さい
>= 大きいか等しい
<= 小さいか等しい
!= 等しくない

エラー制御演算子

「@」がエラー制御演算子です。

PHPは実行時に警告エラーがあると、エラーメッセージを表示しますが、これを避けるのが エラー制御演算子「@」です。

命令の前に「@」を付けるとエラーメッセージが表示されなくなります。

論理演算子

「!」は否定を表します。

$a = 1;
if (! ($a == 1) )
echo "a は 1 じゃないよ";

戻る

Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org