配列変数の使い方

配列変数とは、順番付けされた変数のことをいいます。

配列変数の例1
<html>
<body>

<?php
$tsuri[0] = 4;
$tsuri[2] = 3;
$tsuri['2002/03/20の釣果'] = 3;
?>

</body>
</html>

上記のようにPHPでは配列の添字に文字列も指定できます。


配列とループ

whileやforを利用してループ構造を作った時、処理する変数を毎回変えたいような場合がよく発生します。

こういう場合は、その変数を「配列変数」にしましょう。

配列変数の例2
<html>
<body>

<?php
// 配列変数「$ary[1〜10]」に 1 を代入します。
for ($a = 1; $a <= 10; $a++) {
	$ary[$a] = 1;
}

// 配列変数「$ary[1〜10]」に階乗を代入します。
// たとえば $ary[3] には 「3 * 2 * 1」を代入します。
for ($a = 1; $a <= 10; $a++) {
	for ($b = $a; $b > 0; $b--) {
		$ary[$a] *= $b; 			   // これは $ary[$a] = $ary[$a] * $b; と同じ意味です。
	}
}

// 配列変数「$ary」を出力します。
for ($a = 1; $a <= 10; $a++) {
	echo "<p>$aの階乗は " . $ary[$a] . " です</p>\n";
}
?>

</body>
</html>
配列変数の例2 実行結果
1の階乗は 1 です
2の階乗は 2 です
3の階乗は 6 です
4の階乗は 24 です
5の階乗は 120 です
6の階乗は 720 です
7の階乗は 5040 です
8の階乗は 40320 です
9の階乗は 362880 です
10の階乗は 3628800 です

今までの例とは違ってちょっと難しくなりましたが、このプログラムの意味がわかるまで何度も見直してください。 ほとんどのプログラムの基礎的な部分が含まれています。

戻る

Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org