Vine Linux 3.0でPHP5(rpmインストール)

PHPのインストール トップへ戻る

  1. rootでログインします。
  2. # apt-get update
  3. # apt-get install php5 php5-apache php5-pear
  4. /etc/php.iniの以下を編集するのが私のお勧めです。
    ;
    ; - 通知以外の全てのエラーを報告
    ; -------- コメントをはずす
    error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
    ;
    ; - エラーのみを報告
    ;
    ;error_reporting = E_COMPILE_ERROR|E_ERROR|E_CORE_ERROR
    ;
    ; - 全てのエラーを報告
    ; -------- コメントにする
    ;error_reporting = E_ALL
    文字化けのページに説明してあるように、必要に応じて日本語関係の設定をphp.iniに設定します。
    私のお勧めは、mbstring.internal_encoding=EUC-JP, mbstring.http_output=SJISです。この場合の設定値はこれです。
  5. 追加で次のようなパッケージもご自身の環境に応じてインストールします。
    パッケージ名 パッケージ内容
    MySQL-shared MySQL-server MySQL-Max php5-mysql PHPを使ってMySQL関係の関数を使う場合に必要。
    postgresql postgresql-server postgresql-libs php5-pgsql PHPを使ってPostgreSQL関係の関数を使う場合に必要。
    unixODBC php5-odbc PHPを使ってODBC関係の関数を使う場合に必要(未確認)。
    php5-devel PHP関係の追加モジュールをコンパイルする場合に必要。
    openldap php5-ldap PHPを使ってLDAP関係の関数を使う場合に必要。
    libmcrypt php5-mcrypt PHPを使ってMcrypt暗号化関数を使う場合に必要。
    net-snmp php5-snmp PHPを使ってSNMP関数を使う場合に必要。
    php5-xmlrpc PHPを使ってXMLRPC関数を使う場合に必要。
    php-mode emacsでPHPのカラー表示をしてくれるようです(未確認)。詳しくは本家を参照ください。
    それぞれのパッケージのインストールは以下のようにします。
    # apt-get install パッケージ名
  6. Apacheの再起動をします。
    # /etc/init.d/httpd restart

動作テスト

以下のようなファイルをエディタで作成して、ApacheのDocumentRootより下の階層のフォルダへ「.php」という拡張子で保存してください。 (たとえば、/home/www/public_html/info.phpへ保存)

<?php phpinfo() ?>

ブラウザで、上記ファイルを表示します。(たとえば、http://localhost/info.php)
これでphpの動作環境が表示されればインストールは正常です。
動作が確認できたら、セキュリティ上、ここで作成したxxx.phpは削除しておくことをお勧めします。


PHP4からPHP5への移行について

PHP4からPHP5へバージョンUPすると、classを使ったスクリプトはうまく動作しなくなることがあります。

この時、以下のいずれかの方法でPHP4互換モードにすることができます。 これで問題を回避できることがあるようなので、問題が発生したらやってみる価値があります。

  • php.iniに「zend.ze1_compatibility_mode = on」と記入する。
  • .htaccessに「php_flag zend.ze1_compatibility_mode On」と記入する。

Webminについて

VineLinuxですとWebminでApacheの設定をされている方も多いかと思います。

ですが、次のようなエラーが返ってくることがあるようです。
Cannot load /etc/httpd/modules/libperl.so into server: /etc/httpd/modules/libperl.so: cannot open shared

Cannot load /etc/httpd/modules/mod_php.so into server: /etc/httpd/modules/mod_php.so: cannot open shared

これには、Webmin側の設定が必要のようです。

本来ならもっと良い方法もあるのでしょうが、とりあえずエラーを回避するには /etc/webmin/apache/config を編集して
defines=HAVE_PERL HAVE_PHP HAVE_PHP3 HAVE_PHP4 HAVE_DAV HAVE_ROAMING HAVE_SSL SSL
という行を
#defines=HAVE_PERL HAVE_PHP HAVE_PHP3 HAVE_PHP4 HAVE_DAV HAVE_ROAMING HAVE_SSL SSL
このようにコメントにすると、エラーにはならなくなります。

Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org