PostgreSQLのページ

2005/03/23

Vine3.1でPostgreSQLを少し使ってみたので、現時点でわかる範囲内でのメモを書いてみました。
まだ、MySQLほど細かく使っていないのですが、多少は参考になる記事があるかもしれません。


postgreSQLのインストール

私はrpmからVine標準パッケージをインストールしたのみです。ですから最近話題の最新版ではありません。
以下ではついでにPHP用のモジュールもインストールしてます。

$ su -
# apt-get update
# apt-get install postgresql postgresql-libs postgresql-server php-pgsql ← PHP4の場合
# apt-get install postgresql postgresql-libs postgresql-server php5-pgsql ← PHP5の場合


postgresユーザーの設定

postgreSQLはMySQLとは違い、Linuxユーザー「postgres」が管理者になっています。

「postgres」ユーザーのパスワードを設定しておきましょう。
# passwd postgres
パスワードを2回聞かれるので、入力します。


md5暗号化パスワードによる認証を有効にする

VineのPostgreSQLは、初期値ではパスワード無しで接続できてしまいます。そこで、md5暗号化パスワードによる認証を有効にします。

  1. 認証方法を設定します。
    $ su
    # emacs /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
    # localからのUnixソケット接続で、md5パスワード有効にする
    local	all 		all 											md5
    # TCP/IP接続時、md5パスワード有効にする
    host	all 		all 		 192.168.0.0	   255.255.0.0		md5
    		
    「trust」はパスワード無しなので、この行はコメントにするか、削除してしまいましょう。
  2. PostgreSQLサーバを再起動します。
  3. # /etc/init.d/postgresql restart

その他、未整理メモ


参考資料

Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org