Sambaを使おう

2003/10/06

このページはVineLinux 2.6r1にsamba-2.2.8a-ja-1.1をインストールした時の記録です。

(注意)このバージョンのSambaはWindows2000のネイティブ・モードActive Directoryには対応していません。したがって、ネイティブ・モードに設定されたWindows2000ドメインには参加できません。Active Directoryの混在モード(Active Directory構築直後の状態)ではSambaがNTサーバーのように振舞いますのでWindows2000のActive Directoryドメインへ参加することができます。


Windowsドメインについて

Windowsドメインについて、簡単に書いてみました。知っていることでしたらこれは読み飛ばしてくださいな。

ドメイン・コントローラー(DC)とは


smbpasswdファイルを使ったPDC&BDC

この手法はPDCからBDCへのアカウント情報の複製を手動で行う必要があるので、 小さなドメインで運用する場合にだけ使います。 PDC単体での運用時もこちらでOKです。

smbpasswdファイルを使ったSAMBAのPDC運用


LDAPを使ったPDC&BDC

この手法はOpenLDAPの機能を使ってPDCからBDCへのアカウント情報の自動複製を行います。

したがって、けっこう大規模なドメインでも耐えられる構成となります。

「Vine2.6 + Samba2.2 + LDAP」でドメイン・コントローラー(DC)を構築


Samba以外のファイル・サーバー

釣ったよ! TOPへ

Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org