Samba2.2をワークグループとして設定

「smbpasswdファイルを使ったSAMBAのPDC運用」へ戻る

Sambaの設定は/etc/samba/smb.confを編集することで行いますが、swatから設定したほうが簡単ですので、以下と同じ部分をswatで設定しましょう。

設定例を書きますが、swatは付属ドキュメントがたいへんしっかりしているので、細かい設定方法はそちらを見てください。 赤字の部分は必ず変更が必要だと思います。これ以外の部分はご自身の環境に合わせてください。

[global]
	coding system = euc
	client code page = 932
	workgroup = WORKGROUP
	server string = %h : Samba %v
	encrypt passwords = Yes
	log file = /var/log/samba/log.%m
	max log size = 50
	deadtime = 15
	read size = 65536
	socket options = TCP_NODELAY
	lm announce = No
	dns proxy = No
	dos filetimes = Yes
	dos filetime resolution = Yes
Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org