ダイナミックDNSとは

インターネット側から自宅のサーバーにアクセスするのは以下の条件が必要です。

  • 自宅のサーバーがインターネットに接続されている。
  • グローバルIPアドレスが割り振られている (一部のCATVプロバイダではグローバルIPアドレスが割り振られないようです)。

これでクライアント側(ホームページを見る側)にサーバーのグローバルIPアドレスがわかれば、 そのサーバーにアクセスすることができます。 http://xxx.xxx.xxx.xxx/ というようにIPアドレスを直接入力すれば自宅のサーバーにアクセスしたことになります。

しかし、やっかいなことに普通のプロバイダー契約では接続するたびにグローバルIPアドレスは変わってしまいます。

ですから、昨日はhttp://aaa.aaa.aaa.aaa/ で見れたのに、今日はhttp://bbb.bbb.bbb.bbb/ に変わってしまいます。 これでは、みなさんに見ていただくようなサーバーは出来ませんよね。コロコロとアドレスが変わっちゃいますから。

そこで、商用サイトのようにhttp://www.domain.name/ など、名前で自宅にアクセスできればこのIPアドレスが変わっても 外部からアクセスできるようになります。

しかし、http://www.domain.name/ でアクセスできるようにするには、以下の準備が必要なので なかなか個人ユーザーでは難しい部分もあるかと思います。

  • 「ドメイン」というのを取得する必要があります。この取得や維持には費用がかかります。
  • DNSサーバーを自宅で構築する必要があります。プライマリDNS、セカンダリDNSの2台のパソコンを サーバー用途で準備が必要です。(ただし、最近はセカンダリDNSサーバーを無償貸し出ししている ところがあるようです。しかし、プライマリDNSだけは自宅で準備しなくちゃだめです。)
  • 固定IPアドレスが取得できるプロバイダーが必要です。これは、通常のプロバイダーの2倍以上の料金がかかるようです。

こういったオリジナル・ドメイン運用での欠点がない方法が「ダイナミックDNSサービス」です。

ダイナミックDNSでは、以下の特徴があります。

  • 自分では「ドメイン」を取得する必要がない。
  • ドメインを取得しないのでDNSサーバーを自宅で構築する必要がない。
  • 動的IPアドレスでも使える。
  • サブ・ドメイン名しか使えない。

ダイナミックDNSサービスを無償で利用できるサイトが出てきました。 まだ、英語圏のサイトがほとんどですが、それほど難しくなく使えるようです。

このページのアドレスは「tsuttayo.syntes.net」ですが、この中の「syntes.net」が、すでにドメイン取得してくれている部分です。 この前の部分「tsuttayo」がサブドメイン名です(実際にはホスト名です)。ですから、ダイナミックDNSでは、ダイナミックDNSサービスを していただける会社が取得しているドメイン名によって、あなたのホームページ・アドレスもだいたい決まってしまいます。

ですから、あなたが決めることが出来るのは名前の最初の部分だけです。これが欠点ですが、しかし、無償で使えるのは個人ユーザーにはたいへんありがたいですよね。

戻る

Copyright©2001-2019 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org