865Gチップセットのグラフィック・ドライバをインストール

インテルのサイトを見てみると、日本のインテルのページにi830-20030120-i386-linux.tar.gzというドライバがありました。 ですが、これをインストールしようと試みましたけど、私の環境ではインストール中にエラーとなり、うまくいきませんでした。

そこで、インテル本家で探したらrpmパッケージがありましたので、こちらをインストールしました。

# rpm -ivh dripkg-1.0-4.i386.rpm

次にこのドライバを利用するように設定します。865GチップセットはVineでもXFree86をバージョンUPすると動作するのですが、VESAドライバが自動認識されるようなので、自分でドライバを指定する必要があるようです。

# Xconfigurator --expert

ドライバをVESAで自動認識されますが、その後にドライバ選択の画面が出ますので「Intel 845」を選択していくと使えるようでした。

最初はよくわからなくてVESAドライバで使っていましたが、遅いので上記のようにしてみたら見違えるように早くなりました。以下にhdbenchの値を書いておきます。

1280x1024 65536colors(16bit)
ドライバ RECT CIRCL TEXT SCRL IMAGE
VESA 6561 8029 25476 36 33
Intel 845 95410 28832 88839 107 109

注意点として、事前にXFree86をバージョンUPしておく必要があるようです。うちでは先にaptでアップデートしてありましたので、うまくいきました。

sgのサーバー交換日記へ戻る

Copyright©2001-2020 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org