カーネルのアップデート

いつもなら、ネットワークが使えるのでrpmパッケージをftp転送してインストールしていましたが、今回はLANが使えないのでWindowsでダウンロードしたカーネルをCDに焼いてインストールしました。

この部分は、日記としてよりも資料として、書いておきます。

  1. 今回はインストール直後のカーネルUPなので、2.2カーネルを起動します。
  2. CDを挿入後、作っておいたCDをmountします。
    # mount /mnt/cdrom
  3. カーネルを/rootにコピーします。
    # cp /mnt/cdrom/* /root
  4. シングル・モードに入ります。
    # init s
  5. カーネルをインストールします。
    # cd /root
    # rpm -ivh kernel-2.4.20-0vl29.1.i686.rpm
  6. LILOの設定をします。私はついもemacsで設定してます。
    # emacs /etc/lilo.conf
    次のように変更しました。
    # 次の行のimageを変更
    image=/boot/vmlinuz-2.4.20-0vl29.1
    「Ctrl+x」「Ctrl+s」で変更を保存後、「Ctrl+x」「Ctrl+c」でemacsを終わります。
  7. 編集したLILOを有効にします。
    # /sbin/lilo
    ここで失敗したら/etc/lilo.confの編集が違っていますので、もう一度、編集し直しましょう。
  8. ドキュメントその他をアップデートします。これは1個づつUvhするとエラーになるので、まとめて3つ指定しました。
    # rpm -Uvh kernel-doc-2.4.20-0vl29.1.i386.rpm \
    > kernel-headers-2.4.20-0vl29.1.i386.rpm \
    > kernel-source-2.4.20-0vl29.1.i386.rpm
  9. 再起動します。
    # reboot

これで、最新チップセットでもカーネル2.4でたいてい起動できるようです。

Hyper-Threading対応Pen4では、SMPカーネルにすると2CPUとして動作します。

ところで、そろそろVineも最新バージョンが出て欲しいですね。カーネルUPしないと動かないチップセットが、だいぶ増えてきましたからね。 (2003/12/23訂正)これを書いてすぐにVine2.6r3が出ました (^_^)

sgのサーバー交換日記へ戻る

Copyright©2001-2020 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org