Vine4でLVM

2006/09/27

Vine Linux 4でLVMを少し使ってみたのでメモをちょっとだけ書きました。


目次

  1. Vineインストール時にLVMを有効にする
  2. LVMのボリューム作成
  3. 領域サイズの変更
  4. スナップショットでバックアップ

Vineインストール時にLVMを有効にする

トップ

Vineがかしこくなったので、インストール時にLVMを作成すると、自動的に使えるようになってます。 ただし、/bootはLVM配下のパーティションにはインストールできません。


LVMのボリューム作成

トップ

新たにHDDドライブを増設した場合など、LVM管理にするエリアが増えたら手動でLVM管理下にします。

  1. HDDを増設します。または、OSインストール時にはLVMにしていなかったが、あとからLVM管理下にする場合も同様です。
  2. fdiskで、Linux LVM (領域のシステムID=8E) のエリアを作ります。
  3. 物理ボリュームの作成をします。ここでは/dev/sda5をLinux LVM (領域のシステムID=8E) にする場合です。
    # pvcreate /dev/sda5
  4. ボリューム・グループへ追加します。
    # vgcreate VolGroup00 /dev/sda5
  5. 論理パーティションを120GB分作成します。ここでは「vol01」という名前で領域確保しています。
    # lvcreate -L 120G -n vol01 VolGroup00

領域サイズの変更

トップ

LVMで作成したパーティションは、後日、自由にサイズ変更をすることができます。 ただし、パーティションサイズを変えたらmkfsなどでフォーマットし直さないとサイズ変更したエリアを使えません。

次のような感じで論理パーティションサイズを変更します。

現状の論理パーティションを探します。
# lvscan

10GBのエリアを/dev/VolGroup00/vol01に追加してみます。
# lvresize -L +10G /dev/VolGroup00/vol01

/dev/VolGroup00/vol01から10GB分減らします。
# lvresize -L -10G /dev/VolGroup00/vol01

/dev/VolGroup00/vol01を30GBに変更します。
# lvresize -L 30G /dev/VolGroup00/vol01


スナップショットでバックアップ

トップ

スナップショットを作ることにより、「その瞬間」のファイルをバックアップすることが可能となります。

現状の論理パーティションを探します。
# lvscan
  ACTIVE			 '/dev/VolGroup00/LogVol00' [127.19 GB] inherit

上記エリアのスナップショットを作成します。
# lvcreate -s -L 50G -n snap /dev/VolGroup00/LogVol00
この処理は数秒で終わります。

作成したスナップショットを別のHDDにバックアップしてみます。

まずはtarでのバックアップ方法をやってみますので、mountします。
  1. スナップショットをマウントします。
    # mount /dev/VolGroup00/snap /mnt/snap
  2. tarでバックアップします。
    # tar cpzf /mnt/hdb1/back.tar.gz /mnt/snap
  3. umountしておきます。
    # umount /mnt/snap
  4. この場合、リストアは次のようにします。これでカレントディレクトリに解凍されます。
    # tar zxvf back.tar.gz

今度はdumpを使ってバックアップしてみます。

  1. バックアップします。
    # dump -0f - /dev/VolGroup00/snap | gzip > /mnt/hdb1/back.gz
  2. リストアは次のようにします。これでカレントディレクトリに復元されます。
    # zcat back.gz | restore -rf -

バックアップが終わり、スナップショットが必要なくなったらlvremoveしてスナップショットを消しておく必要があります。
# lvremove /dev/VolGroup00/snap

Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org