MySQLのインストール

今回はLinuxにMySQLをインストールする手順 (rpm編)にならって、シンプルにインストールしました。

my.cnfの設定は次のようにしてみました。

[client]
port		= 3306
socket		= /var/lib/mysql/mysql.sock


# The MySQL server
[mysqld]
port		= 3306
socket		= /var/lib/mysql/mysql.sock

# デフォルトの文字セット
default-character-set=ujis

# メッセージの言語
language		= /usr/share/mysql/japanese

skip-locking
key_buffer = 24M
max_allowed_packet = 1M
table_cache = 64
sort_buffer_size = 1M
net_buffer_length = 8K
myisam_sort_buffer_size = 16M

log-bin

server-id	= 1

# =============== 以下はinnoDB利用時に設定 ============
# データファイルのディレクトリ
innodb_data_home_dir = /var/lib

# データファイルのファイル名とサイズ
innodb_data_file_path = innodb/data1:100M:autoextend

# ログ・ファイルのディレクトリ
innodb_log_group_home_dir = /var/lib/innodb_log
innodb_log_arch_dir = /var/lib/innodb_log

# ログのローテイト数
innodb_log_files_in_group = 3

# innoDBが利用するバッファサイズ
innodb_buffer_pool_size = 256M

# innoDBがデータ構造を一時的に保管するバッファのサイズ
innodb_additional_mem_pool_size = 10M

# log group 内の、各ログファイルの大きさ
# innodb_buffer_pool_sizeの25%以上にすること
innodb_log_file_size = 128M

# ログへ書き出すときのバッファ・サイズ
innodb_log_buffer_size = 32M

innodb_flush_log_at_trx_commit = 1

# トランザクションのデッド・ロックを感知するまでの時間
innodb_lock_wait_timeout = 50



[mysqldump]
quick
max_allowed_packet = 16M

[mysql]
no-auto-rehash
# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
#safe-updates

[isamchk]
key_buffer = 20M
sort_buffer_size = 20M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[myisamchk]
key_buffer = 20M
sort_buffer_size = 20M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[mysqlhotcopy]
interactive-timeout

sgのサーバー交換日記へ戻る

Copyright©2001-2020 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org