Vine LinuxのインストールCDを作る

今までは雑誌の付録CDからインストールしていましたが、そのCDメディアにキズを付けてしまってBOOTできなかったので、次のようにしてftpサイトからダウンロードしてCDを作りました。


CDイメージのダウンロード

  1. Vine Linux Home Pageの「FTPサイト」から適当なところを選択します。
  2. 「Vine-3.0/CDIMAGE」の中にある「Vine30-i386.iso」をWindows上でダウンロードしました。
  3. ダウンロードした Vine30-i386.iso で次のようにしてCDを作ります。(詳しくはCDライティング・ソフトの説明を見てくださいな)

CD-Rライティング・ソフトが上記以外しかなければフリー・ソフトのCD Manipulatorがお勧めです。


CD Manipulatorの場合

  1. 「CD/マスタリング」を選択。
  2. 「トラックリスト」タブを選択後、「トラック/ISOファイルの挿入」をする。
  3. 「ファイルを開く」ダイアログ・ボックスで、Vine26r4-i386.isoを選択する。
  4. 「CDへ書き込み」ボタンをクリックして書き込み開始。

WinCDRの場合

  1. 「ファイル/新規作成」を選択すると次のウィンドウが表示されます。
  2. ここで、「トラックイメージ」を選択して、ダウンロードした Vine26r4-i386.iso をドロップします。そのままCDを焼けば完成。

NEROの場合

  1. あとは、普通にCDを焼けば完成。

さて、これでいよいよVineLinuxのインストールです。

sgのサーバー交換日記へ戻る

Copyright©2001-2020 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org