WindowsからLinuxへのSSH接続

SSH トップへ戻る

WindowsはデフォルトではSSH通信できるクライアントがインストールされていません。

そこで、ここではフリーで利用できるTTSSHを利用してWindowsからLinuxへログインする所まで書いてあります。

2004/08/27追加
TTSSHはSSH1ですが、PuTTYではSSH2に対応しているため、PuTTYがお勧めです。


TTSSHのインストール

  1. Tera Term Home Pageから「Tera Term Pro ver. 2.3 for Windows 95/NT」をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたttermp23.zipを解凍して、setup.exeを実行します。
  3. Japanized Tera Term Proから「Tera Term Pro 2.3 日本語版 1.9J ダウンロード」をダウンロードします。
  4. ダウンロードしたttrmp2319j.zip(またはttrmp2319j.lzh)を解凍して、Tera Term Proをインストールしたディレクトリに上書きコピーします。
  5. TTSSH: An SSH Extension to Teratermから「download and use」の中のttssh154.zipをダウンロードします。
  6. ダウンロードしたttssh154.zipを解凍して、Tera Term Proをインストールしたディレクトリに上書きコピーします。
  7. ttsshを1回だけ起動します。起動後、すぐに終了してOKです。
  8. TTSSH日本語版からttssh15413j-build146.zipをダウンロードします。
  9. ダウンロードしたttssh15413j-build146.zipを解凍して、Tera Term Proをインストールしたディレクトリに上書きコピーします。

鍵生成

TTSSHには鍵生成プログラムが付いていませんので、Linux側で作っておいて、それをWindowsへ転送して利用してください。


TTSSHの設定

  1. TTSSHを起動します。
  2. 「設定」の「TCP/IP設定」でホスト名を入力して「追加」ボタンをクリックします。次に「OK」ボタンをクリックします。
  3. 必要であれば他の設定も変更してください。デフォルトのままでも使えます。
  4. 「設定」の「設定の保存」で設定値を保存しておきます。これをしないと毎回設定する必要があります。

TTSSHの使い方

  1. TTSSHを起動します。
  2. 「設定」の「SSH認証」を選択します。
  3. ユーザー名にLinuxユーザー名を入力、「RSA鍵を使う」を選択して個人鍵にはLinuxで作成した「id_rsa」を指定します。
  4. 「OK」をクリックすれば認証されてログインできます。

WindowsからLinuxへログインして利用すると使い慣れたWindowsのIMEが使えたりして、私のように普段はWindowsクライアントを使っている人には便利かと思います。

Copyright©2001-2017 釣ったよ! All Right Reserved.    sg@tsuttayo.jpn.org